御南認定こども園の生い立ちと現在

平成14年に開園した公設民営の幼保一体型施設「岡山市御南幼児教育センター」(御南幼稚園・御南保育園)が現在の前身です。平成14年より15年間、幼・保園は運営法人の違いのある中で、それぞれが特色を打ち出すと共に日々の保育の交流や小学校・地域との交流などを協働し、地域の乳幼児の子育ての拠点となって活動を展開してきました。その間、御南保育園は、平成21年、保育所分園施設として御南保育園分園を田中(現在の御南まんまるこども園の地)に新築開園し、地域に根ざした3歳未満児の専門施設として、乳児保育の特性を活かした保育と、地域における子育て支援を展開してきました。

しかし時代経過の渦中で保育・幼児教育を取り巻く社会環境は大きく変化し、それに伴い平成27年4月「子ども・子育て支援新制度」が施行されました。平成29年3月末をもって御南幼稚園は幼稚園を岡山市へ返還し、御南保育園を運営する当法人 社会福祉法人橘会は保育園と幼稚園を統合する形で「幼保連携型認定こども園」を運営することになりました。

平成29年4月「御南認定こども園」の開園に向けて、およそ1年余りをかけて当法人と市当局は施設大改修と、240名定員に対応する厨房と園庭(遊具)整備を行いました。

平成29年4月、1号認定120名、2号認定93名、3号認定53名、合計266名の園児を受け入れ「御南認定こども園」の教育・保育が始まりました。旧保育園時代から培ってきた「保育の理念・方針」を基幹としつつ、隣接の小学校、地域との関わり、自然環境、そして姉妹園である「御南まんまるこども園」との交流・連携・協働を行いながら、質の高い教育・保育を創造し、展開していきたいと考えています。

沿革

  • 平成14年4月1日
    • 社会福祉法人橘会御南保育園 認可 開園
    • 定員90名
    • 幼保一体型施設(「御南幼児教育センター」)
    • 特別保育事業を実施(延長保育、一時保育、地域子育て支援センター)
  • 平成15年4月1日
    • 定員120名に増員
  • 平成21年4月1日
    • 御南保育園分園 開園(岡山市北区田中165‐103)
    • 定員30名(対象3歳未満児)
    • 開園に伴い支援センターを分園に移設
    • 特別保育事業を実施(本園に準じる)
  • 平成24年4月1日
    • 分園定員40名に増員
  • 平成25年3月15日
    • 分園園舎増築工事完了
  • 平成29年3月31日
    • 『御南認定こども園』へ移行するに当たり、橘会と岡山市による園舎の大規模改修及び施設整備工事完了
  • 平成29年4月1日
    • 私立の幼保連携型認定こども園『御南認定こども園』に移行
    • 利用定員240名(1号認定110名、2号・3号認定130名)
    • 分園を廃止し認可保育所『御南第二保育園』に変更
    • 地域子育て支援拠点事業は分園からこども園に移行

めざす子ども像

生きていく基礎としての気力・体力が備わっている。

そして、自分で考えて、あるいは、自分たちで考え話し合って、生活を創ろうとする姿勢を持ち、その中 で、自らを表現しようとする。

こうしたことを豊かに実現できるエネルギーをもたらすものとして、自然のすばらしさに感動したり自然の不思議さに心を動かし たりする中で、自然から強いエネルギーをもらえる感性を持っている。

また、自然に生かされている、人間は支えあっていると実感して、周囲の世界への信頼感 や希望を得ることができる。

こうした性質を持つ子どもが御南保育園の目指す子ども像である。